6月のことば

 

自力の
御はからいにては
真実の報土へ
生るべからざるなり

 私のような凡人が、世間の常識と少し違った意見などを言うと、大概「あの人は変わった人だ」と言われます。しかし、
今まで常識では考えられなかったようなことでも、周りの人が「ああ、そういう見方もあったのか」と頷ける内容であれば、
「あの人は優れた人だ」ということになるのです。逆に言えば、それがいかに優れた内容であっても、周りの人にそのこと
に気づく才能が無ければ単なる「変わった人」と見過ごされてしまいます。
 世界で初めて、動力で飛ぶ飛行機を発明したのはライト兄弟ですが、物に人が乗って飛ぶという発想自体は、古代イン
ド神話にヴィマーナという呼び名で記述があるそうです。「魔法のじゅうたん」的な乗り物なのでしょうが、人が物に乗っ
て空を飛ぶこと、それは神の領域で、人間にとっては夢物語だったのでしょうね。その神話を考えた人は、きっと当時「夢
多き変わり者」だったに違いありません。しかし現代ではその子孫たちが、毎日何百万人と空を飛んで世界中を移動している
のです。
 私たちは、今まで自らがつかんできた知識と経験、そして身の回りに溢れる様々な情報によって、自分なりの世界を作っ
て生活をしています。しかし、厄介なのは「自分の考え」というものを超えた存在を、なかなかその世界に受け入れること
ができないということです。自分の才能や力の限界を知らないで、自分の納得できないことは「そんなバカな話があるわけ
が無い」と嘯いたり拒絶したりの連続です。
 でも、その割には一番恐れているのも、自分の知識を超えた世界のことなのですが…。最近なぜだか”悪霊に取り憑かれ
た”との相談が続いています。息子から「お父さん仕事を変えたら」との助言をいただくほどです。しかし、そんな悩みに
寄り添う時、いつも気づくことは、みんなが心の奥底に抱いているのは「死への恐怖」だということです。自らの知識や経
験では解決ができない「死という不安」が悪霊や幽霊を生み出し、のさばらせているのです。
 親鸞さまは「自力の 御はからいにては 真実の報土へ 生るべからざるなり」(自らの知識や経験をもとにした善悪の判
断とその行いによって、阿弥陀さまのお浄土に生まれることはできません)と教えてくださいました。
 自己中心的な心(煩悩)しかなく、そのような心で作り出す世界を生きているこの私が、自他を超えて一切の者の救い(幸せ)
を願う阿弥陀さまの心や、そのお心によって建立されたお浄土を理解できるはずがありません。だから、そこに生まれたいと
いう心さえ起らないのです。
 しかしそのような私のために、阿弥陀さまは私のいのちの中に入り込み、お浄土を願うことの尊さと歓びを、私の口を通し
て「南無阿弥陀仏」と教えてくださいます。
 そんな時、私はただ「そうかー」と、プカリと浮く雲のような気分でお念仏申しているのです。

戻 る