4月のことば

 

回心というは
自力の心を
ひるがえし
すつるをいうなり

 某会社が募集し入賞作品を発表する「サラリーマン川柳」は、もう毎年の定番となっていますが、「これはうまい!」と
思わず手を叩いてしまいそうな作品がいつもたくさん寄せられています。
 今年(2017年)の作品の中で私が勝手に一位に選んだのは(実際は三位でしたが…)「ありのまま スッピンみせたら 
君の名は?」でした。これはべつに、世の女性の方々や私のお連れ合いさまに挑戦状を叩きつけよう、などと思う気持ちは
毛頭ございませんのでお間違いなく。私は最近この「ありのまま」ということについて、少しばかり考えているからなのです。
 テレビドラマで「ありのままの君が好きだよ」などと言うセリフを聞くと「ホントかーい」と突っ込みたくなります。それは
きっと私自身が常日頃「ありのままの自分」ではない生き方をしていると気づいているからなのでしょうね。
 私は自分の心の引き出しに、いくつもの仮面を用意しています。「お世辞顔」「へつらい顔」「賢者顔」「善人顔」など他
にもたくさんの顔を持ち、その場に応じてうまく使い分けて生活をしているのです。そして、いつもいつも仮面を付け替えて
しているうちに、仮面の顔を自分の本当の顔と勘違いをするようになってしまいます。いや、本当の顔自体を忘れてしまった
り、時には仮面が外れているのにそれに気づかず、裸の王さまみたいな状態の時だってあるのです。
 親鸞さまは「回心というは 自力の心を ひるがえし すつるをいうなり」と教えてくださいました。回心を「かいしん」
と読む場合は、自分の罪を悔い改めて正しい信仰に入るというような、キリスト教的ニュアンスが大きいのですが、ここでは
「えしん」と読みます。意訳すれば「回心とは、自分の心をくつがえして、捨ててしまうことを言うのです」という意味とな
ります。「彼は法廷で証言をくつがえした」という場合は、″今まで言っていたことをひっくり返した″という意味ですから、
「自力の心をひっくり返して」ということになります。
 でも、ひっくり返しただけではダメなのです。なぜならひっくり返したものは、またひっくり返って元の状態に戻ってしま
う可能性があるのです。だから、捨ててしまわなければならないのです。
 では「自力の心」とは何でしょうか。私はそれを「自分の心の変化を期待する心」だといただいています。″今はつまらな
い心だけども、努力すればきっと立派な心になることができる″という心です。この心は決して悪い心ではありません。しか
し、この心が阿弥陀さまの″そのままのお救い″の心を遮ってしまうのです。わが子を心配し手助けをしようとする親に向か
って「自分でできる!」と跳ね返している幼子のようなものです。
 「ありのまま スッピンのまま さあおいで」と抱いてくださる阿弥陀さま。出遇えて良かったですね。
 

戻 る